もっと早くに行けば良かったのか?

画像



行きたかったけど行けなかったのが現状でした。

そして今回初めて見に行く事にしました!

話しでは良く聞くのですが、生で見ないとイメージが湧きません。

我々は想像で踊っているだけで、

これでは本当の踊りを理解出来ないまま、終えるのには凄く勿体無い事ですから。

思い切ってスペインに飛びました!

感動しました!

画像


そして、その事をレッスンで話しをしながらここのストーリー性や、

名称の意味を深く理解出来るようになりました!

本場で見た闘牛士の綺麗である条件

闘っている闘牛士が観客には綺麗に見えないと良くやったって

この白いハンカチを振る事は無いのです。

6試合行われますが、たった1回だけでした。

みんながこの様に白いハンカチを振る姿は =闘牛士にとって最高の舞台だったという事の証明なんです。

ラテンを極めた人は必ずこの様に言います。

パソドブレと、サンバが上手な人を見なさいと。

ドニー&ゲイナー、リカルド&ユリア

ドニー先生がリカルドをレッスンしている時のパソドブレは

大人と子供に見えましたから‥

キングのパソドブレは半端無いっす。

レッスン風景を見て勉強になる事もあるのですが、

やはりレッスンを受けてNOって言われて身体で感じないと上手にはならないです。

いつもの様に3種目ルーティンチェンジ

キャンプが始まる前までに身体に覚えさせないと‥

いい感じに必死です笑




















この記事へのコメント

TAKE
2016年05月17日 22:30
素晴らしい経験ですね。
パソドブレはキングのベストダンス、あの方はマタドールにしか見えません。
だだひたすらリアルなモノを追求した結果なんですよね。
あまのじゃく
2016年05月17日 23:54
なるほど~!
本物を観られたわけですね!!
お元気そうでなによりです\(^o^)/
隊長
2016年05月18日 00:48
TAKE先生

そうなんですよね~。良い経験しました!これでパソドブレの見方も変わりますし、踊っている我々も意味を考えながら深くステップに踏魂注入出来そうです。
隊長
2016年05月18日 00:51
あまのじゃくさん

生死がかかっているその現場に初めて足を運んで良かったです。ほんまもんの追求‥ だからパソドブレって‥深いです。

この記事へのトラックバック